フォスター植物園
     

ワイキキからバスで15分くらい、down townを抜けてフォスター植物園へ行って来ました。

初めて乗ったThe busは停留所の名前がストリートとストリートの交差した名前になるのですが チンプンカンプンでした。。

 

当日は雨季の冷たい雨の中、ちょっと遠くの停留所から

歩きました。普段、車生活なのでなかなか歩いた気がした。 

覚えるととても便利なハワイのバス。タブレットでThebusのアプリで

路線や乗り場が簡単検索できて この旅で一番役に立ちました!

1回5ドルで乗り換えチケットもあるので慣れれば快適です。

 

フォスター植物園はその昔国王の命を受け、

世界中の珍しい植物を集めた園です。

ちょっと閑散としていた印象だったなー。。

 

これはKAPOK TREE、落葉性の熱帯樹です。

花が咲く前に全ての葉を落とすようで、この後に咲くのかなぁ?

オーナメントの様な実がたくさん付いていて可愛かった。

日本にはあまりない板根が珍しいです。

Powdepuffという可愛い植物。とっても柔らかくてフワフワ。

ボリビアの植物で、赤い花もありました。

柵で覆われたこのヤシは特別なヤシで、樹齢100年を越えたものだそうで。

ハワイ諸島原生のヤシだそうです。

ハワイは観光地化によって様々な植物が入り、また失われていきました。 

タリポットパーム。スリランカとインド原産。

一度だけ花が咲いて、果実をつけるまでに75年かかって

その後は枯れちゃうんだって〜。すごい一生だな!

 

 

とても見たかった、レインボーユーカリ。ペイントした様に

鮮やかで綺麗です。世界で一番成長が早い(1年に3M)。 

 

 

 

そしてメインのバオバブ〜!!

幹周りは10M越えで、初めて葉っぱの付いたバオバブを見ました!

パンフレットにdigitataとあるのでアフリカ本土のものですね。

1940年頃に植えられた、と書いてあります。

葉っぱが結構普通(特に特色ないというか、、。) でした。

他にも多様な植物が集まっていて、なかなか面白いですが、

やはりその土地特有の樹や植物を見たいなーと思ってしまいました。l


 



NEXT::::::::::Top